陰部の黒ずみ対策情報館

陰部の黒ずみを対策したい方のための情報サイトです。しっかり黒ずみ対策しましょう。
MENU

陰部の黒ずみを対策について

デリケートゾーンの小陰唇や大陰唇に黒ずみができるのは、当然原因があります。
原因は5つほどありますが、原因が分かれば対策を考えることができます。

 

デリケートゾーンにメラニン色素が沈着

デリケートゾーンの皮膚にある角質層は5層ほどと薄いので、外部からの刺激を受けると、
その刺激から皮膚を守ろうとしてメラニン色素が出てきます。
この刺激が繰り返えされると、メラニン色素がだんだん増えてきて、黒ずみになります。
このような場合の対策は、デリケートゾーンに刺激を与えないようにすることで、
それには化学繊維製のショーツなどでの摩擦を避けることが大切です。

 

摩擦やズレをデリケートゾーンに与えない

ジョギング程度でも、デリケートゾーンには摩擦が生じます。
ママさんバレーなどのスポーツではなおさらです。
つまり両足を交互に出すという行為はデリケートゾーンに摩擦を与えます。
またセックスでも刺激がありますから、難しいのですが、
摩擦やズレをデリケートゾーンにできるだけ与えないようにしましょう。
なお、膝や肘なども地面や布団、その他の家具皮膚が擦れるので黒ずみになるのです。

 

デリケートゾーンを締め付ける下着が原因

黒ずみがある人の多くは寝る時にショーツをつけています。
それも肌にピッタリしたものだと、1日のほとんどすべての時間で
デリケートゾーンが締め付けられていることになります。
ショーツは必ず歩行動作などでズレを起こし、
デリケートゾーンを締め付けることになります。
ノーパンでも、今度はジーンズなどで締め付けることになり黒ずみの原因になります。

 

怠けて必要なケアを怠っている

顔は化粧水や乳液、さらにはパックなどでケアしていますが、
デリケートゾーンのケアは怠けている人が多いようです。
ケアをしていても、デリケートゾーン専用の用品でないとケアをしたことにはなりません。
特にデリケートゾーンの乾燥をケアしないと、黒ずみが生じます。

 

デリケートゾーンを強く洗い過ぎる

デリケートゾーンを洗うのは石鹸などでも泡で優しく洗わなければなりません。
それを力を入れて強く洗うのは、
メラニン色素をわざわざ自分で生成していることになります。
デリケートゾーンを正しい方法で洗えば黒ずみが生成されることはないでしょう。

 

加齢で肌が老化すると陰部に黒ずみ発生する?

人は誰もが加齢を避けることはできず、加齢はいろいろな現象を招きますが、
そのひとつが肌の老化で、肌が老化すると陰部に黒ずみが発生しやすくなります。

 

加齢は成長期を過ぎると起こりますから、30才頃から肌が黒ずむ人が多く、
その理由は肌が外部からのダメージ(刺激)に弱くなるからで、
外部の刺激に敏感なデリケートゾーンが黒ずみやすくなります。

 

加齢で黒ずみになるのはどの肌か

加齢で黒ずみになりやすい肌は、脇下、陰部、乳首など比較的メラニンの分泌量が多く、
さらに肌の角質層が薄い部分です。
したがって陰部のくろずみが加齢で進行するのです。

 

肌が乾燥すると刺激に弱い

肌には皮脂があるのが普通ですが、皮脂が減ると潤いが無くなり、肌が乾燥し、
肌が乾燥するとちょっとした刺激にも弱くなります。

 

また陰部などにはもともとメラニンが多いので、
肌が刺激を受けるとそれを防ごうとしてメラニンがさらに増えます。
メラニンが増えるのをそのままにすると黒ずんできます。

 

陰部や、脇下、乳首はショーツやブラなどとの摩擦での刺激を受けやすい部位です。
肌が加齢で老化して、乾燥すると、このようなちょっとした刺激にも敏感になり、メラニンが増えてきます。

 

肌のターンオーバーサイクル

肌の代謝のターンオーバーサイクルは平均すると30日ですが、
20代中頃からは肌のターンオーバーサイクルが長くなりはじめます。
25歳がお肌の曲がり角と言われています。

 

したがって30代ともなると、ターンオーバーが不活発になるので、
肌にダメージが蓄積され、同時にメラニンも蓄積されます。
ターンオーバーが正常なら黒ずみになる前に肌が代謝されますが、
そのサイクルが長くなると、黒ずみができてしまいます。

 

要注意!ホルモンバランスの崩れ

加齢ではホルモンバランスが崩れやすくなり、
エストロゲンという肌の潤いを保つ女性ホルモンのバランスが崩れると、
ホルモンの発生量が減るので、肌環境が悪化します。

 

また、生理の前後あるいは生理中はホルモンバランスが狂いやすいので、
エストロゲンが減少して肌環境が悪くなりやすいのです。

 

そうなると、肌を守ろうと大量にメラニンが体内から分泌されるので、
黒ずみができるという好ましくない結果になります。
陰部 黒ずみ 対策

更新履歴
このページの先頭へ